2015年8月18日火曜日

D&D5 版 Sage Advise 20150817

2015 年 8 月 17 日にウィザーズ社のサイトで公開された Sage Advise「RULES ANSWERS: AUGUST 2015」の抄訳です。

Class Features

質問 1: Action Surge を使った時追加の Bonus Action は得られますか。

いいえ。

質問 2: Archery の Fighting Style は Dagger や Handaxe のような thrown 属性付きの Melee weapon を投げた時も利益を提供しますか。

いいえ。Ranged Weapon を使った時だけです。

質問 3: Monk が Quarterstaff やその他の versatile 属性の武器を両手で使った時、その武器は依然として Monk Weapon であると見做せますか。

はい。

質問 4: Monk の Martial Arts の特徴は Monk weapon と unarmed stike を finesse weapon と見做すのでしょうか。

違います。この特徴は単に finesse 属性に似ているというだけで finesse 属性を齎すわけではありません。

質問 5: Ranger は Whirlwind attack の最中に移動可能ですか。

いいえ。これは特殊なケースです。

Feats

質問 6: Sentinel の特技の 3 つめの利益による攻撃は、トリガとなった攻撃の前後どちらで発生しますか。

後です。Reaction は原則としてトリガの後に発生します。

Adventuring

質問 7: extradimensional space (demiplane や rope trick のそれ) は different plane of existence と見做されますか。

はい。

Combat

質問 8: 戦闘中に自分のターンを遅らせる事は可能ですか。

いいえ。

質問 9: Help アクションを使ってある敵に対する見方の攻撃に Advantage を与えた時、Help アクションを行なった者はその敵に隣接し続けなければ Advantage は失なわれますか。

いいえ。

Spellcasting

質問 10: Cleric/Druid のマルチクラスキャラクタで、Disciple of Life の特徴を持っているとします。このキャラクタが Goodbery を使ったら Discipel of Life の特徴の利益を得られますか。

はい。1 レベルスロットから Goodberry を使ったとするならば、1 つ 1 つの berry が 4 点回復するようになります。

質問 11: 呪文の Concentrate 中に Polymorph によって返信した場合、その Concentrate は継続出来ますか。

はい。Polymorph すると呪文は使えなくなりますが、Polymorph 以前に使った呪文の Concentrate は継続可能です。

2015年8月15日土曜日

The Rise of Tiamat 4 / Tyranny of Dragons 11 [20]

5 版キャンペーンの第 11 回です。シナリオは公式の The Rise of Tiamat です。以下には大量のネタバレがあります。DM は つかださん。参加者は以下の通り。

参加キャラクタ一覧
PC 名クラス種族属性背景PL 名
エコーMonk11 (Way of the Four Elements)HumanLNSailor画伯
エルマーCleric11 (Light Domain)HumanCGNobleからくりさん
セラピナ (お休み)Rogue11 (Arcane Trickstar)HalflingNGSoldierほえほえさん
チックスWizard11 (Divinar)GnomeNGSageさるしんごさん
ラディスラクFighter4/Paladin7 (Oath of Vengence)HumanLNOutlander六平文吾さん
グリフレットFighter11 (Battle Master)HumanCGOutlander死せる詩人

12 時開始、19 時終了。セッション終了時に 12 レベルになりました。

2015年8月14日金曜日

クラス毎のProficientまとめ

Saving Throw
StrConDexIntWisCha
BarbarianPP----
Bard--P--P
Cleric----PP
Druid---PP-
FighterPP----
MonkP-P---
PaladinP----P
RangerP-P---
Rogue--PP--
Sorcerer-P---P
Warlock----PP
Wizard---PP-

Weapon and Armor
SimpleMartialSpecialLightMediumHeavyShield
BarbarianPP-PP-P
BardP*1-P*1-*1
ClericP*2-PP*2P
Druid--*3P*4P*4-P*4
FighterPP-PPPP
MonkP-*5----
PaladinPP-PPPP
RangerPP-PP-P
RogueP-*6P---
Sorcerer--*7----
WarlockP--P---
Wizard--*7----

  • *1: アーキタイプでValorを選択すると習熟
  • *2: Domainによる
  • *3: Club, Dagger, Dart, Javelin, Mace, Quarterstaff, Simitar, Sicle, Sling, Spear
  • *4: 金属製は不可
  • *5: Shortsword
  • *6: Hand Crossbow, Longsword, Rapier, Shotsword
  • *7: Dagger, Dart, Sling, Quarterstaff, Light Crossbow

2015年8月13日木曜日

【今日の読書】ニンジャスレイヤー 死神の帰還 [772]

書名
ニンジャスレイヤー 死神の帰還
著者
ブラッドレー・ボンド、フィリップ・ N ・モーゼズ
訳者
本兌 有、杉 ライカ
出版
エンターブレイン
価格
1200 円
ISBN
978-4-04-730606-6

本日読了。第 3 部の 2 巻目です。通算だと 14 巻目かな。

2015年8月1日土曜日

The Sentinel 3 / GDQ 3 [19]

GDQ キャンペーンの 3 回目です。DM は死せる詩人。参加者は以下の通りです。

  • アルベルジュ, Paladin (Oath of Vengence) 3, Human, CG (Trithereon), そばさん
  • ヴァルト, Cleric (Tempest Domain) 3, Human, CG (Procan), 六平文吾さん
  • ギャンガ, Wizard (Abjurar) 3, Human, TN (Boccob), つかださん
  • ナヴァラン, Rogue1/Ranger2, Wood Elf, CG (Myhriss), いっちゃん
  • ジルダッド, Fighter (Eldritch Knight) 3, Half-Orc, NG (Celestian), 羽生さん
  • オド, Monk (Way of the Open Hands) 3, Stout Halfling, LG (Heironeous), さるしんごさん

前回 Lake Side Villa の地下に突入し Xvart の住処を発見した一行は、奥へと進みます。

洞窟の奥では、Xvart の Magic User の奇襲、Xvart の Sharman 率いる Xvart 残存勢力の一大集団 (全部で 30 体超え)、Wererat とその配下の大量の Giant Rat、Rat Swarm (20 体近く) などと戦いました。

Xvart Magic User

ある小部屋に入ると、そこになんとも惨めたらしい一体の人型生命体がいました。部屋の隅で右手を抱えこんで蹲まりしくしくと哭いています。特に攻撃の意思は無い様子なので、一行はどうしたものかと暫く観察していました。するとやおらその生物は体を起し、右手を掲げます。その右手には上質の革で作られた手袋が嵌っていました。手袋の上から 1 つの指輪が見えます。

右手を掲げた Skulk

何かが一行全員の頭の中に直接語り掛けてきました。テレパシィです。

遂に我を発見したか高貴なる冒険者よ。今君達が目にしているこの惨めなクリーチャは善なる目的の為に我を運んでいた者だ。その邪悪で錯乱した精神と魂は破壊されて、私の制御化にある。このクリーチャが君達を傷付ける事は無いので可能ならば打擲したりはしないでほしい。

戸惑っている PC を余所に、その何者かはジルダッドに狙いを定めたらしく、今度はジルダッドだけにテレパシィで語り掛けました。

来たれ、価値ある者よ。我をこの忌しきクリーチャの手より取り、汝が物とするのだ。邪悪な者は巨大になり集りつつある。私達はそれを撃滅する必要があるのだ。我はその力にも関わらず、我を帯びる汝の様な余人の手を借りなければ、広き善の為にその力を振う事も叶わぬ。来たれ。我は《守護者》、Adlerweg 城主の右手、Berghof の藩屏となりしもの。

ジルダッドは自分だけに語られた内容を仲間にも説明します。テレパシィの主は手袋の様です。すると、この手袋を手に取るか否かで喧喧諤諤の議論が始まりました。暫くすると——

DM:「ではジルダッドは Wis のセービングスローを Disadvantage 付きで振って下さい」
ジルダッド:「ア、ッハイ。(コロコロ)。失敗です」
DM:「では Suggetion の呪文が掛かりました。手袋を手に取って右手にして下さい」
ジルダッド:「おお、これは!」

手袋を装備したジルダッドは手袋に宿る《守護者》によりその能力を知らされます。かなり強力な Magic Item、それも Sentient Item です。更に《守護者》から彼 (?) の言う、今集りつつある邪悪な勢力や《守護者》とその反存在である《ガントレット》の因縁などが説明されました。

それによると《ガントレット》の邪悪な意思によって集められた軍勢は現在、Gann 川を登っていた山の先にある Adlerweg 砦に屯して勢力を拡大しているようです。《守護者》の誓願はただ一つ、《ガントレット》を破壊し邪悪な勢力を一掃する事、です。

Kusnir 村に戻って一泊し今後の方針を決めます。基本は《守護者》の助言に従い Adlerweg 砦へ行く事になりました。情報収集の結果街道に沿って進めば行けそうという事も分かりました。早速出発し二日後に以前立ち寄った Gnnaway 村へと到着すると、そこは最近襲撃され廃墟と化していました。多くの家屋は焼け落ちています。ほぼ村人全員と思われる合計 200 程の死体もありました。

廃墟となった村の中で比較的損壊の少ない一軒の家から犬の吠え声がします。慎重に近づきオドが Animal Handling で落ち着かせ、家の中を見てみると一匹の Gnoll が重症を負って伏していました。

これと交渉して得られた情報としては

  • 襲撃はだいたい 12 時間前。
  • 襲撃部隊はざっくり 30、40 くらい。
  • Adlerweg 砦の方から来た。
  • 襲撃部隊は既に帰還の途にある。

という所でした。次回はこの情報を元に襲撃者達を追跡する所から再開です。